短期間で歯を白くする!オフィスホワイトニングの効果とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

歯を白くしたいと思い立ち、いろいろと調べていくうちに「オフィスホワイトニング」 を知ったものの、まだよくわからないことも多いのではありませんか?

オフィスホワイトニングは歯医者で歯を白くする方法 のことです。施術は歯科医や歯科衛生士が行うため、自分で自宅でやる必要がありません。ラクに歯を白くしたい人家でコツコツホームホワイトニングを続ける自信がないという人におすすめの方法です。

この記事では、オフィスホワイトニングがおすすめな理由と注意点、白くなるまでの期間気になる価格相場 、ぜひ参考にしたい歯医者を選ぶポイント 、そして施術の流れアフターケアについても分かりやすくご紹介していきます。この記事を読み終えた時には、オフィスホワイトニングについて全て理解でき、自信を持ってホワイトニングの施術を受けることができるようになります!

1. オフィスホワイトニングとは?

オフィスホワイトニング とは、歯医者で行うホワイトニング のことを指します。ホワイトニング効果のある薬剤(過酸化水素)は、日本では国家資格を持たないと扱えないことになっています。そのため、国家資格を有する歯科医師、または歯科衛生士が施術を行います。過酸化水素の入った薬剤を歯の表面に塗り、光を当てて白くしていく方法です。

1回あたりの施術時間が30分~1時間と短く、自分で行う必要がないため、毎日が忙しく時間をかけたくない方におすすめの方法 です。

オフィスホワイトニングの他に、ホームホワイトニング というものもある

ホワイトニングには、歯医者で行うオフィスホワイトニングの他に、自宅で行うホームホワイトニング というものがあります。オフィスホワイトニングは高濃度の薬剤で一気に白くするのが特徴ですが、ホームホワイトニングは歯医者で自分専用のマウスピース作り、比較的低い濃度の薬剤で長い期間をかけてゆっくりと白くしていきます。
※市販のマウスピースもありますが、歯医者で自分専用のマウスピースを作ることをおすすめします。市販のものだと、ジェルが均一に行き渡らないので歯ぐきに薬剤が付着するおそれがあります。専用のマウスピースであれば、そういった心配はなく安全ですし、ジェルも適量で済むので経済的です。

ホームホワイトニングのメリットは、オフィスホワイトニングと比べると低価格で行うことができ、ホワイトニング後の白さが後戻りしにくい点です。一方でデメリットは、1日2時間ほど装着する必要があり、また、白さが実感できるまで1~2ヶ月ほどの期間がかかる点です。

すぐに歯を白くしたい人にはオフィスホワイトニング、時間がかかってもいいから、なるべく安く歯を白くしたい人にはホームホワイトニングがおすすめです。

2. おすすめは「早く歯を白くしたい人」!その理由と注意点

オフィスホワイトニングはどんな人に向いているのでしょうか。ずばり「なるべく時間をかけず、早く歯を白くしたい人」におすすめ です。

例えば、

  • 「そういえば、結婚式近いんだよね」
  • 「明日までに歯を白くしたい!
  • 「来週、重要なミーティングがあるんだよなー」
  • 「自宅でホームホワイトニングをコツコツ継続できる自信がない!」

という人におすすめです。

ここでは、オフィスホワイトニングのメリットデメリット について詳しくお伝えします。

2-1. オフィスホワイトニングがおすすめな理由

・短期間で効果が期待できる

自宅で行うホームホワイトニングよりも、オフィスホワイトニングは即効性が期待できます。なぜなら歯医者でしか提供することができない過酸化水素の薬剤を使って、専用のライトで歯の漂白を一気に促進させるため、1回で人からわかる程の白さアップの変化が実感できます。

・施術は歯医者におまかせ!自分で行わなくてOK

オフィスホワイトニングは歯医者で行うホワイトニングです。歯科知識のある専門の歯科医・歯科衛生士の方があなたの歯の状態に合わせて、適切な施術・適切なアドバイス をしてくれます。またホームホワイトニングのように、自宅で毎日継続して行う必要がない ので、お忙しい人や家でのホワイトニングが面倒という人にもおすすめです。

2-2. オフィスホワイトニングの注意点

・色戻りしやすい

ホワイトニングを受けたらずっと白い状態をキープしたいものですが、どのホワイトニングでもホワイトニング前の状態に歯の色が戻る「色戻り」 が起こります。特にオフィスホワイトニングはホームホワイトニングに比べると、「色戻り」がしやすく3ヶ月~半年程度で元の歯の色の状態に戻るといわれています。

・奥歯は白くできない

オフィスホワイトニングの特徴として、全部の歯を白くすることができません。なぜならオフィスホワイトニングは照射器を使用するため、ホワイトニングができるのは光の届く範囲となります。そのためオフィスホワイトニングができるのは、前歯(一般的に12本~16本)の上下のみで、奥歯や歯の裏側は白くすることができません。 笑ったときに歯が見える範囲は、十分白くできますよ。

歯医者で行うホワイトニング以外は「ホワイトニング」ではない

最近では、エステサロン等で行う「ポリリン酸ホワイトニング」「セルフホワイトニング」と呼ばれるお店が増えていますが、「白くならなかった」という声をよく聞きます。それもそのはず、これらのお店のスタッフは歯科医師や歯科衛生士など有資格者ではないので、歯を白くする薬剤(過酸化水素)を使うことができません。

したがって、歯磨きのように歯の表面の着色汚れを落とせても、歯の色を白くすることはできません。ヤニ・着色汚れがひどい人は効果を感じるかもしれませんが、そうではなく本当に歯を白くしたいのであれば、歯医者で行うホワイトニングを受けましょう。

3.白くなるまで平均的に3-5回!施術にかかる期間と価格相場

「オフィスホワイトニングを試してみたいけれど、どれくらい歯を白くできるのかな?」ホワイトニングの効果と期間 、そして希望の歯の白さにするための価格相場 はいちばん気になるところではないでしょうか?実は、カウンセリングなしに「○回ホワイトニングすると白くできる」と断言するのは大変難しいです。ホワイトニングは、歯の黄ばみの原因やその程度、また歯の質などによって、効果やそれに伴ってかかる期間が異なります。また、歯を白く感じるのは主観によるものが大きいですよね。

ここでは日本人の平均の歯の色を基準にして、そこから周りの人に「白い歯だと認識される歯の色」まで白くする場合をお伝えします。

オフィスホワイトニング は3-5回施術を行って 歯の色を白くしていきます

オフィスホワイトニングは、日本人の平均の歯の色が「白い歯だと認識される歯の色」になるまでに、だいたい3-5回施術が必要 になります。

3-1. 3-5回の施術でどれくらい白くなるのか? 

オフィスホワイトニング で3回施術した場合の比較写真

オフィスホワイトニングの施術を3回受けた場合のBefore/Afterです。ホワイトニング前は日本人の平均色でしたが、繰り返し施術を行ったことで白くなりました。

3-2. 3-5回の施術にかかる相場価格

オフィスホワイトニングの価格は、医院によって使用している薬剤や術式が異なるため、バラつきがあります。相場価格は、オフィスホワイトニング1回の施術で25000円、白い歯だと認識される歯の色まで白くする場合には3-5回の施術を受ける必要がありますが、コースで提供している歯医者も多く、6-10万円が相場価格です。

詳しくは、【歯のホワイトニング 相場料金とやり方による値段の徹底比較】の記事をお読み下さい。

4.歯医者を選ぶ3つのポイント

決して安くはないお金を払って、歯を白くするのであれば、ちゃんと効果のある歯医者で施術を受けて、白さを実感したいですよね。最近では、多くの歯医者で「ホワイトニング」が受けられるようになりました。でも実際、どの歯医者なら腕が良いのか選べない人も多いはず。安心して効果の高いホワイトニングを受けるために、ここでは歯医者選びのポイントを3つご紹介します。

4-1. 症例写真や体験者の声が多いか

症例写真体験者の声の多さは歯医者を選ぶうえで、とっておきの判断材料になります。ホームページをチェックしてみましょう。症例写真や体験者の声はホワイトニングの効果や安全性を確かめる要素になりますし、また、症例数が多ければ、様々なケースに対応してくださる医院であると考えられ、安心です。

4-2. ホワイトニングに特化した歯医者であるか

ホワイトニング専門の歯医者は、その分一般的な歯医者よりホワイトニングの症例件数が高い可能性があります。そのためホワイトニングの施術に慣れていることが多く、安心して受けることができます。

ホワイトニングに特化していない歯医者の場合、「ホワイトニングを受けに行ったが、矯正を薦められた」というように、ホワイトニングが営業のフックにされることもあるので注意が必要です。できれば、ホワイトニングに特化した歯医者を選びましょう。

4-3. 照射する時間が10分以上かどうか

ホワイトニングの効果は薬剤の濃度や性能だけではありません。薬剤を活性化させる照射器の性能と照射時間で決まります。照射時間が10分未満の場合、効果が期待できない可能性がありますので歯医者に確認をとることをおすすめします。照射時間をチェックしましょう。

5. 施術の流れ

実際にオフィスホワイトニングで歯を白くする手順 をご紹介します。これらの方法は参考の一例です。歯医者によって施術の差があり、全ての歯医者が同じように行っているわけではありません。

1.カウンセリング

来院してすぐ歯を白くするわけではなく、カウンセリングを受けます。歯の状態の確認が目的です。大きい虫歯があるとホワイトニングで痛みを生じる場合があるので「むし歯がないか?」をチェックしたり、「ホワイトニングで白くできる歯かどうか?」などがチェックされます。ホワイトニングの効果は歯の状態によって異なるので、初回時のカウンセリングでしっかりと説明してもらいましょう。

2.シェードガイドで施術前の歯の色をチェック、撮影

シェードガイドを用いて、ホワイトニング前の歯の色を確認します。シェードガイドとは、黄ばんでいる歯から真っ白な歯まで
並んだ「歯の色見本」のことです。歯医者によっては、歯の状態を専用の口腔内カメラで撮影して施術前の記録をすることがあります。

オフィスホワイトニング前には 歯の色チェックを行います

3.治療に入る前に歯のクリーニング

口腔内の最終チェックを行います。もし歯の表面に着色汚れやプラークが付着している場合は、ホワイトニング効果を高めるために、歯のクリーニング を行います。

オフィスホワイトニング前に歯面清掃を行うと、歯の白さに変化に効果があります。

4.薬剤を塗布する

リトラクターと呼ばれる口を広げる器具を装着し、ホワイトニング剤を塗っていきます。

オフィスホワイトニング用の過酸化物の薬剤の塗布

5.光照射を行う

薬剤の漂白効果を一気に高めるため、光を照射します。照射時間は10分~15分ほどです。

オフィスホワイトニングは光を照射して、過酸化物の漂白作用を活性化させます

6.清掃

照射後は、ホワイトニング剤をふき取り、最後は歯の表面を水で洗い流します。

7.フッ素入り研磨剤で歯の表面を磨き上げる

ホワイトニング後は、フッ素入りの研磨剤を用いて歯の表面を磨き上げます。歯の表面を磨くことでザラザラした歯からツルツルな歯になります。そうすることで汚れがつきにくくなり、白くした歯の色持ちを良くすることができます。

オフィスホワイトニングはフッ素で磨き上げると、歯の表面がツルツルになります

8.シェードガイドで白くなったかチェック

最後に、自分の歯がどれくらい白くなったかシェードガイドを用いて確認します。ホワイトニング前と後では、平均3~5段階白さアップが期待できます。

6.白さをキープするためのアフターケア3選

歯を白くした後、白さの効果が永遠に続くのが望ましいですよね。しかし、残念ながらどのホワイトニング方法を行っても、少しずつ色が戻ってしまいます。これを「色戻り」と呼んでいます。

なるべく術後の歯の白さを保つために、アフターケアを心がけることが大事です。この記事では、おすすめのアフターケアの方法を3つご紹介します。

6-1. 着色しやすい食べ物を避ける

歯の色をキープさせるために、着色しやすい食べ物を避けましょう。赤ワインなどタンニンを含む食材やカレーやブルーベリー、大豆製品など歯の着色に関連する食べ物はいくつかあります。これらをなるべく控えることで、着色を防ぐことができます。もし食べてしまったとしても、食後ずぐに歯磨きで汚れ落としができれば問題ありません。

着色しやすい食べ物や対策方法は以下の記事で細かく紹介しているので、気になる方はチェックしてみてください。

ホワイトニング後は食べてOK?注意したい食べ物と対策方法

6-2. クリーニングを受ける

歯のクリーニングは、歯の表面の着色汚れを落とし、歯の白さを保つ効果があります。日々の生活でこびりついた着色汚れや歯垢・歯石は、日ごろの歯磨きで落とすのはなかなか難しいです。しかし、歯医者で行う歯のクリーニングであれば、頑固な汚れも落とすことができます。着色汚れがない綺麗な状態を保つには、3ヶ月に1回定期的に受けることをおすすめします。

6-3. オフィスホワイトニングを再度受ける

オフィスホワイトニングで得られる歯の白さの期限は3ヶ月~半年程度だといわれています。そのため、半年に一度、定期的にオフィスホワイトニングの施術を受けることで、白さを長持ちさせることができます。

7. オフィスホワイトニングを受けられない人

オフィスホワイトニングを受けたいと思っても、状況によっては施術が受けられない場合があります。

◆妊娠中や授乳中の女性

ホワイトニングは妊娠中や授乳中の女性は、原則として受けられません。なぜなら、妊娠中の女性のお腹の中にいる胎児や授乳中のお子さんへの安全性が、まだはっきりと確認されていないためです。危険とも安全とも断定することができないので、受けないのがベターです。歯医者ではホワイトニングの施術前に確認を行います。

◆エナメル質形成不全症と象牙質形成不全症の人

エナメル質形成不全症の人はオフィスホワイトニングは受けられない場合があります

歯が生まれる仮定で障害が起こり、歯の一部が未完成のまま生えた状態を「エナメル質形成不全症」「象牙質形成不全症」といいます。この場合、歯の深部の神経組織までホワイトニング剤が浸透しやすく、その刺激により神経にダメージを与えてしまうおそれがありますので、ホワイトニングを受けることができません。

8. オフィスホワイトニングを受けても白くなりにくい人

テトラサイクリン歯の人はオフィスホワイトニングのみでは、黄ばみえを改善することはできませんが、ホームホワイトニングを組み合わせることで改善させることができます

歯の色がダークグレー、ダークパープルの人は、「失活歯」「テトラサイクリン歯」 といって、オフィスホワイトニングを受けるだけでは、白くなりにくい場合があります。

歯の神経が死んでいたり(失活歯)、0歳から12歳の間にテトラサイクリン系の抗生物質を服用したことがある人(テトラサイクリン歯)は、歯の色がグレーがかっていたり、薄い紫色をしています。そのような歯はオフィスホワイトニングのみ行っても、白くなりにくいです。しかし、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを両方行うデュアルホワイトニング を行うことで歯の色を明るくしたり、改善することができます。

9. まとめ

いかかでしたでしょうか。

オフィスホワイトニングとは、歯医者で受ける、歯を白くする方法です。オフィスホワイトニングは即効性があるため、重要な用事が直近に控えているなど、今すぐ早く歯を白くしたい人におすすめの方法です。

周りから白いと思われる歯の色にするには、3-5回受ける必要があります。1回あたり相場価格は25,000円です。きちんと効果のあるホワイトニングを受けるためには、歯科医院を選ぶ際、症例写真やお客様の声、照射時間などをチェックして見極めることが大事です。

これであなたも、自分に合ったホワイトニングで白い歯を手に入れて下さい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

安心・確実なホワイトニングは、ホワイトエッセンスにおまかせ!

歯のホワイトニングって本当に白くなるのかな?

どうせホワイトニングをするなら実績のある医院で確実に歯を白くしたい、とお考えのあなたにくちラボではホワイトエッセンスでのホワイトニングをオススメします。

ホワイトエッセンスには4つの特徴があります。

ホワイトエッセンスでは、

  • 毎日500人以上  がホワイトニングを体験!国内最大45万件以上の症例実績
  • ・ホワイトニングを受けた約9割知人友人に紹介したいと回答(※自社調べ)
  • ・業界相場価格の1/2!
  • ・都内をはじめ地方にも医院を構え、全国最多150院以上を展開

 

と、安心で確実なホワイトニングを受けることが出来ます。

歯の白さに満足が出来なければ、施術代金を返金してもらえる安心の保証付です。

輝く白い歯を手に入れて、笑顔に自信を持ちましょう!


ホワイトニングを始める

定期購読はFacebookいいね!がおすすめ

コメントを残す

*