歯のホワイトニング 相場料金とやり方による値段の徹底比較

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ホワイトニングの価格を徹底比較!

歯医者で行うホワイトニング値段。どんなに安くても効果が出なかったり、歯にダメージが残ってしまう危険なホワトニングは避けたいものですよね。だからといって高い値段のホワイトニングがよいとは限りません。

そこでここでは、ホワイトニング相場価格と共に「安かろう悪かろうホワイトニング」に陥らないための選び方の大切なポイントをご紹介します。

ホワイトニングにかける費用で損をしたり、過剰な宣伝に惑わされることなく、効果と安全性が高く出来るだけ低予算で出来るホワイトニング選びの参考にしてください。

1. 理想の白さになるまでのトータル費用は?

電卓を持つ女性

あなたはホワイトニングでほんのちょっとだけ自分の歯が白くなればいいとお考えですか。それとも、せっかくやるからには白く輝く歯を手に入れたいとお考えでしょうか。ほとんどの方は後者でしょう。

歯医者で行うホワイトニングは歯にダメージを与えないよう、安全な濃度に調合した過酸化物薬剤を用い、複数回に分けて、歯本来の透明感を失うことなく白い歯にしていく施術です。

ホワイトニング値段で押さえておきたいのは、1回あたりの値段の安さではなく、歯にダメージを与えることなく希望の白さになるまでに、トータルでいくらの費用になるのか? ということです。

様々な歯医者のホームページでチェックしても1回あたりの値段は掲載されているものの本当に白くなるまでのトータル費用はあまり掲載されていませんね。

そこで、ここでは白くなるまでのトータル費用の相場をお教えします。

1-1. 初回の安さに惑わされない。トータル費用で判断する。

歯のホワイトニングで大切なのは、初回の安さに惑わされず、希望の白さになるまでのトータル費用 を知ることです。

意外と知られていないのですが、ホワイトニング最初の1回目が色の変化の度合いが最も大きく、回数を重ねるほど、変化の度合いが少なくなっていきます。

歯医者によってホワイトニング技術差が出やすいのは初回よりも2回目、2回目よりも3回目で、希望の白さに到達するまで責任を持って管理してくれる歯医者はめったにありません。

ちなみに一度で一気に白くなるオフィスホワイトニングは薬剤の濃度が高すぎたり、照射機のパワーが強すぎることで歯にダメージを与えてしまうものが多いため注意が必要です。

そこで歯医者選びの際は初回の値段の安さだけに注目するのではなく、希望の白さまでにいくら支払えば確実に到達するのか?到達しなかった場合に返金保証はあるのか? を、事前にその歯医者のホームページでチェックしたり、電話で尋ねることをおすすめします。

シェードガイド1

歯の明るさの段階は20段階あり、日本人の平均の色は真ん中よりもちょっと暗めのA3〜A3.5で、白い歯とハッキリ認識出来るのはA1以上です。ですから多くの方が希望する白さA1以上となります。

そこでポイントになってくるのは、果たして何回、どのくらいの期間ホワイトニングをすれば、白さを実感出来るA1以上の白さになるのかということです。

その方の現在の色、歯の性質、生活習慣によって、必要な回数や期間が異なります。そしてその予測がとても難しいのです。ですから、ほとんどの歯医者では1回あたりのホワイトニング料金を明示していてもA1以上の白さまでの費用を記載していません。

したがって初回のホワイトニングでちょっとだけ色が白くなっても、希望の白さになるまでにいくらの予算、回数、期間がかかるのかが分からず、あきらめてしまう人が少なくありません。

1-2. 歯医者で行うホワイトニングの値段相場

歯医者で行うホワイトニングは大きく2種類に分けられます。「オフィスホワイトニング」「ホームホワイトニング」があります。オフィスホワイトニング

即効性を期待するのならば「オフィスホワイトニング」がオススメです。

高濃度の過酸化水素をメインとした薬剤を歯に塗り、光や熱を照射して歯の黄ばみを分解していきます。その場で白さの変化を実感でき、施術はすべて歯医者側でやってくれるため安心です。

デメリットとして奥歯は白くできないことがあげられます。理想的な白さにするためには少なくとも3回くらい通う必要があります。
ホームホワイトニング

結果が出るまでに多少期間がかかっても構わないから安くホワイトニングをしたいという方にオススメなのが「ホームホワイトニング」です。専用のマウスピースと過酸化尿素をメインとした薬剤を使用して、歯を白くしていきます。

白さの変化を実感するために最低でも2週間~1ヶ月くらいかかりますが、マウスピースは透明素材で装着していても他人からは分からず普通に会話ができるため、飲食時以外はいつでもできます。

奥歯も白くでき、白さの限界値がオフィスホワイトニングよりも高めです。

 2種類のホワイトニングの値段を2016年7月現在で最安値、最高値、平均額で分類してみました。

  最安値 最高値 相場価格
オフィスホワイトニング1回 2,500円 70,000円 25,000円
ホームホワイトニング 9,800円 50,000円 30,000円

※オフィスホワイトニングは理想的な白さにするためには少なくとも3回くらい通う必要があります

使用している薬剤の種類、薬剤の使用量、機器の違い、術式などによって値段の差が生じます。

同じ薬剤や機器を使用していても、術式が簡素化されていれば安くなりますし、回数や期間が多いほど高くなります。

また立地やクリニックの高級感、アフターケアの有無によっても値段が異なってきます。

1-3. 白くなるまでにかかるトータル価格の相場

白くなるまでにかかるトータル金額「どこまで白くしたいのか」「現在の歯の状態」が大きく影響します。

ちょっとだけ白くしたいというのならば、安い値段のオフィスホワイトニングを1回するのが最もリーズナブル で、探せば数千円台で行っている歯医者もあります。

自分ではっきりと分かるA1レベルの白さを目指したいのであれば、オフィスホワイトニグを繰り返すよりもホームホワイトニングのほうが安く済む可能性が高いでしょう。

ホワイトニング 白さと回数・期間と価格

ホームホワイトニングは毎日2時間の装着を継続出来れば2週間〜8週間くらいでA1レベルの白さへ到達できます。最初に歯医者から渡されるホームホワイトニングジェルの本数は1週間~2週間分が多いため、買い足しが必要です。総予算で3万円〜6万円くらいになります。

ホームホワイトニングの継続に自信が無いのであれば、オフィスホワイトニングを繰り返します。A1レベルの白さへの到達には、3回〜5回繰り返す必要があり、総予算で6万円〜10万円くらいになります。

010〜040のような(上の図を参照)芸能人やモデルレベルの白い歯を目指したり、現在の歯の黄ばみが少し強い場合、そして出来るだけ短い期間で白くしたい場合は、オフィスホワイトニングホームホワイトニングを組み合わせた「デュアルホワイトニング」 を受けることで総費用を抑えることが出来ます。

デュアルホワイトニングは、平均的な黄ばみであれば1ヶ月程度で、黄ばみが強い歯であっても、2ヶ月くらいで白い歯を手に入れることができます。デュアルホワイトニングの価格は35,000円からあり、芸能人やモデルレベルの白い歯を手に入れたいのであればオフィスホワイトングで3回、ホームホワイトニングで1ヶ月以上は必要であり、総価格は7万円〜10万円くらいです。

 2.白さを維持するためにかかる値段相場

コインと天秤

ホワイトニングで白くなった歯は、2~3ヶ月くらい経過したころから徐々に元の色に戻り始め、1年~2年くらいの期間で完全に元の歯の色に戻ります。従って3ヶ月または半年ごとにホワイトニングを繰り返して、メンテナンスをしていくことで白くなった歯の状態をずっと維持できます。

歯医者で行うホワイトニングで白くなった歯の白さを維持するためには月々どのくらいの費用がかかるのでしょうか。オフィスホワイトニング、ホームホワイトニングそれぞれ3ヶ月ごと、半年ごとでメンテナンスする場合にかかる費用を月額に換算して比較しました。

◆白くなった歯を維持するメンテナンス費用の月額換算

  3ヶ月ごと 半年ごと
オフィスホワイトニング 3,000円~8,000円 1,500円~3,500円
ホームホワイトニング 2,000円~4,000円 1,000円~2,000円

歯のホワイトニングは理想の白さになるまでに数万円の予算が必要ですが、その後の維持費用やメンテナンス頻度は、ネイルやまつげのエクステよりも安く、通う頻度も少なくて済むため、トータルコストでみるとお得な美容施術といえます。

3. オフィスホワイトニングで損をしないために押さえておきたい歯医者の選び方

オフィスホワイトニングは高額だからといって必ず効果が高いとは限りません。ただしあまりに安すぎるものは効果や安全性に問題がある可能性もあります。

そこで、ここでは歯医者が内緒にしておきたい、値段で損をしないコツについて解説します。

3-1. 激安オフィスホワイトニングで気を付けたい8つのポイント

いくら安くても効果や安全性の面で問題が起きてしまうのでは、元も子もありませんね。ここでは歯医者選びのポイント8つご紹介します。

1) 施術に歯の汚れ取りが含まれているか
歯の汚れ取り

ホワイトニング薬剤を塗る部位の汚れを事前に取ることでホワイトニング効果は増します。その術式が含まれていないところは、その分安くなりますが効果も落ちます。

2) 学歴・経歴不明の院長、名義貸し院長ではないか

激安ホワイトニングを提供している歯医者の特徴は、ホームページを見ても院長の学歴や経歴が掲載されていなかったり、実際に歯医者に常駐していないことがほとんどです。その分費用を抑えられますが違法行為です。施術や安全管理は完全にスタッフ任せになっており、何かあっても顧客側の自己責任になります。

3) 照射時間が10分以上あるか

ホワイトニング効果は薬剤の性能だけでなく、薬剤を活性化させる照射器の性能と照射時間で決まります。照射時間が10分未満の場合、効果は期待できないでしょう。

4) 白くなるまでのトータル費用が明示されているか

1回あたりの金額や回数券だけを明示しているものの、白くなるまでのトータル費用がホームページで明示されていなかったり、カウンセリングでもはっきりと答えてくれない場合は、歯医者側が結果にコミットできていない証拠であり、理想の白さを手に入れられるまでにいくらの費用がかかるのかが分かりません。

白くなるまでのトータル費用を明示していたり、返金制度を取っている歯医者を選ぶようにするとよいでしょう。

5) スタッフの教育は十分か

スタッフの教育

激安ホワイトニングの歯医者の口コミをホームページで見ると、効果がなかったとかスタッフの接遇が悪いという評判が目立ちます。

スタッフの採用にこだわったり、教育に十分に時間をかけている歯医者では、顧客に対して気配りが出来、高い診断力と本当に白くなるまでの管理能力が優れているスタッフから施術を受けられるので安心です。

6) 施術中は資格者がしっかりと担当しているか

オフィスホワイトニングは歯科衛生士か歯科医医師の資格を持っていないと施術ができません。一部の激安ホワイトニングは無資格者が施術をしたり、歯科衛生士が施術の一部分にしか関わらないことでコストを抑えています。

当然、効果や安全性の面で問題が生じやすくなります。

ホームページで歯科衛生士の存在がはっきりと分かる歯医者を選びましょう。

7) 独自調合薬剤を使用している場合10年以上の経験があるか

ホワイトニング薬剤

オフィスホワイトニングは厚生労働省の認可を取得している薬剤よりも独自調合薬剤のほうが原価は安く上がります。独自調合薬剤は歯科医師の資格責任によって使用されますが、独自調合薬剤を使用して10年未満の歯医者は安全性に不安が残ります。

なお、独自調合ホワイトニングで効果が期待できない成分は次の3つです。

ポリリン酸 歯磨き粉に入っている成分で、漂白効果なし
メタリン酸 歯磨き粉に入っている成分で、漂白効果なし
アパタイト 研究機関の報告で、漂白効果なし

8) 症例写真や体験者の声は豊富か

豊富な写真や体験者の声が少ない歯医者は、顧客が効果や安全性に満足していない可能性があります。

3-2. 高価格のオフィスホワイトニングは効果が高い?

オフィスホワイトニングの平均価格1回あたり25,000円が相場ですが、それよりもはるかに高い値段のオフィスホワイトニング3種類あります。それぞれの利点と気を付けたい点をお知らせします。

(1) ブライトスマイル

britesmile

1回あたりの費用は60,000〜70,000円と高額ですが、通常のオフィスホワイトニングが1回あたり3段階くらいの白さアップなのに対し、ブライトスマイルは1回で7段階白さがアップします。

オフィスホワイトニングの先駆け的な方式でもあり、2000年くらいに本場アメリカから日本にも何台か輸入されました。

ただし、パワーが強すぎるため、痛み止めの薬の服用が必要で、発癌性の文献も出たことからアメリカでも現在は製造中止になっています。

(2) ズームアドバンス

zoom advance

2000年代中ごろにアメリカで開発されたオフィスホワイトニングシステムです。1回あたりの費用は50,000円くらいでブライトスマイルに匹敵する効果を発揮します。ブライトスマイル同様にパワーが強く、日本人の歯はアメリカ人よりも薄く痛みを感じやすいため、2010年以降日本への輸出は禁止されています。

(3) ティオン オフィス

tion office

日本人の歯でも痛み無く効果が出るように開発されたもので、日本の厚生労働省の認可を2007年に取得しています。1回で5段階くらい白くなり、痛みも少なめです。

ただし、効果を上げるために紫外光に近い光を照射するため、唇や歯ぐきに日焼け防止のための保護処置をする時間を必要とし、施術時間は90分と長めです。

1回あたりの費用は30,000〜50,000円が相場です。

4. ホームホワイトニングの値段で損をしないために押さえておきたい歯医者の選び方

お客様カウンセリング

ホームホワイトニング歯医者で行う方法個人輸入する方法があり、効果と安全性なら歯医者 で行い、安く抑えたいのならば個人輸入 になります。

値段はマウスピースと2週間分の過酸化尿素薬剤がセットで歯医者の場合は20,000円~35,000円、個人輸入の場合は6、000円~15,000円です。

はたして自分にあったホームホワイトニングはどんな方法でいくら位の予算がベストなのかを、とことん詳しく解説してまいります。

4-1. ホームホワイトニングの値段比較で気をつけたい3つのポイント

ホームホワイトニングはネットで販売されているものも含めると安価なものや高価なものや効果のあるものないものなど、さまざまです。

費用を安く抑えるために効果や安全性が犠牲になったのでは元も子もありません。

ここではホームホワイトニング選びで失敗しない3つのポイントをご紹介します。

(1) 独自調合薬剤は絶対に避ける

ホームホワイトニングジェルは、必ず「国内薬事認可品」「アメリカ薬事認可製品」を使用するようにしてください。

歯医者で調合した「独自調合品」のホームホワイトニングはどんなに安くとも絶対に避けるべきです。オフィスホワイトニングの独自調合は施術のたびに新しい薬剤が調合されますが、ホームホワイトニングはユーザーが一定量を保管して少しずつ使用するものであるため、品質の安定性が担保されません。

(2) 効果を高めたいのならばマウスピースは歯医者でつくる

◆簡易版 マウスピース
簡易版マウスピース

マウスピースは簡易版が通販されており、500~1,000円くらいで購入できます。

簡易版のマウスピースは安さと手軽さが魅力ですが、歯に対する密着度が甘いため、効果が出にくかったり、漏れた薬剤が歯ぐきに付き痛みが発生したり、あるいはかみ合わせに悪影響して顎関節症になることもあります。

人は口の中に髪の毛一本入っただけで、違和感を覚えたりしますから、精度の高いマウスピースを歯医者で制作してもらうほうがよいでしょう。

◆歯医者で制作するマウスピース
歯医者で制作するマウスピース

歯医者で制作するマウスピースは各個人の歯型にあわせてつくります。費用は5,000円~15,000円くらいです。歯医者で制作するマウスピースも歯医者や製作者によって品質の差があります。

よいマウスピースを作成するには歯の型がきちんと取れていなければなりません。型の精度が悪いとマウスピースがしっかりと歯に当たらず、効果が出にくく、変形の原因になります。

また良いマウスピースは歯の形にあわせて丁寧にカットされていますが、カット精度が悪いと歯茎に薬剤が漏れ炎症の原因になります。

(3) アフターケアをしっかりと行ってくれる歯医者で

極端にホームホワイトニングの料金が安い歯医者の中には、ホームホワイトニングの薬剤ジェルとマウスピースをユーザーに渡して売ったら終わりで目標の白さに達成するまでの管理が不十分であったり、痛みや安全性に問題が出た時に対するノウハウや対応が不十分なところもあります。

安全に結果を出すには相応のコストが歯医者側でもかかります。

 4-2. ホームホワイトニングジェルの価格徹底比較

ホームホワイトニングは使用するホームホワイトニングジェルの価格がトータル費用に影響します。ここでは、国内薬事認可のホームホワイトニングジェルとアメリカ薬事認可のホームホワイトニングジェルの価格を徹底比較しました。

(1) 国内薬事認可ホームホワイトニング薬剤の料金比較

国内で薬事認可が取れているホームホワイトニングは4種類。「ナイトホワイト」「オパールエッセンス」「シェードアップ」「ティオンホーム」です。国内薬事認可は過酸化尿素10%以下しか認められておらず、成分はいずれもほぼ同等です。歯医者で購入することができます。

薬剤名 内容量 料金相場(1本)
ナイトホワイトエクセル 3ml 1,800円~3,500円
オパールエッセンス 1.2ml 1,000円~1,500円
シェードアップ 3ml 1,800円~2,800円
ティオンホーム 2.5ml 1,800円~2,800円

(2) アメリカ薬事認可ホームホワイトニング薬剤の料金比較

海外のホームホワイトニングを使用するメリット過酸化尿素15%以上の濃度のものが使用できることです。但し高濃度は知覚過敏が発生する可能性が高くなります。そのため知覚過敏抑制剤としてフッ化ナトリウムや硝酸カリウムなどが入っています。

これらは歯医者で購入する場合個人輸入する場合があります。個人輸入の場合は販売価格の他に送料がかかります。効果や安全性をしっかりと管理してくれる歯医者から購入したほうが安心でしょう。

薬剤名 内容量 料金相場 個人輸入
オパールエッセンス(10%, 15%, 20%, 35%) 1.2ml 1,000円~1,500円 750円~1,200円
WEホワイト(10%, 16%, 22%, 35%) 2.5ml 1,796円〜2,093円
ナイトホワイトACP (11%, 16%, 22%) 2.4ml 2,000円~2,800円 1,200円~1,750円

5. まとめ 

ホワイトニングは1回あたりの費用ではなく、理想とする白さまでのトータルコストでいくらかかるのかが重要です。トータルコストを明確に伝えてくれたり、結果が出ない場合に返金制度やコースの中途解約制度を実施している歯医者で行うと安心でしょう。

また費用を抑えるために本来かけなければならないコストを削って激安価格をうたっている歯医者もあるので注意してください。

ホワイトニング専門歯医者や症例数が多い歯医者のほうが薬剤を一度に大量購入でき単価を抑えられるため、一般的な歯医者よりも割安な傾向にあります。

自分にあったホワイトニングを見つけ、費用で損をしないために、この記事をご参考にしていただければ幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

安心・確実なホワイトニングは、ホワイトエッセンスにおまかせ!

歯のホワイトニングって本当に白くなるのかな?

どうせホワイトニングをするなら実績のある医院で確実に歯を白くしたい、とお考えのあなたにくちラボではホワイトエッセンスでのホワイトニングをオススメします。

ホワイトエッセンスには4つの特徴があります。

ホワイトエッセンスでは、

  • 毎日500人以上  がホワイトニングを体験!国内最大45万件以上の症例実績
  • ・ホワイトニングを受けた約9割知人友人に紹介したいと回答(※自社調べ)
  • ・業界相場価格の1/2!
  • ・都内をはじめ地方にも医院を構え、全国最多150院以上を展開と、安心で確実なホワイトニングを受けることが出来ます。

歯の白さに満足が出来なければ、施術代金を全額返金してもらえる安心の保証付です。

輝く白い歯を手に入れて、笑顔に自信を持ちましょう!


ホワイトニングを始める

定期購読はFacebookいいね!がおすすめ

コメントを残す

*