虫歯や歯周病の原因になる?!歯垢とは何か。徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

歯の汚れって気になりますよね。これって歯垢かな?食べかすかな?あなたが食べかすだと思っているものは、ほぼ歯垢です。実は、歯垢(=プラーク)は虫歯歯周病の原因になる、とてもやっかいな存在です。単なる食べかすと思って見過ごしていると痛い目にあってしまします。食べかすではなく、細菌のかたまりです。

ここでは、歯垢(=プラーク)とは何かを徹底解説します。また、適切なケア方法もご紹介します。これを読めば、きっとあなたも歯垢を放っておけなくなるはず!

1.  歯垢(=プラーク)とはなにか

歯垢は別名をプラークといい、よく食べかすと間違われますが、多くの人が食べかすと思って見過ごしてしまうものは歯垢です。食べかすではなく、歯周病菌などの細菌のかたまりです。なんと、歯垢1mgの中には、300種類以上の細菌が数億~10億も棲みついているといわれます。

最初はやわらかいので歯磨きなどで取り除くことが可能ですが、磨き残しなどで口の中に放って置かれると唾液中のカルシウムと結びついて、石灰化し、硬い「歯石」になりはじめます。歯垢から歯石になるには約2週間かかります。歯石になると、もう自力で取り除くのはむずかしくなってしまいます。

歯石はかたく歯医者でないと取れません。歯医者で歯のクリーニングを受けましょう。また、歯石は表面がざらざらしているため、歯垢がつきやすくなります。やわらかい歯垢のうちに、適切にケアして取り除くことが重要です。

2. 歯垢が引き起こすトラブル3つ

歯垢は「虫歯」「口臭」「歯周病」 3つのトラブルを引き起こします。順番にみてみましょう。

2-1. 虫歯の原因になる

歯垢は虫歯の原因菌である「ミュータンス菌」を多く含んでいます。虫歯とは、口内に入ってきた食べ物や飲み物の糖分とミュータンス菌が結びついて「酸」を出し、歯を溶かすことです。ミュータンス菌が口内になければ、虫歯は起こりません。ミュータンス菌だけを取り除くことはできないので、歯垢ごと取り除きましょう。

2-2. 口臭の原因になる

歯垢は口臭の原因にもなります。口内にたまった歯垢は発酵し、悪臭のガスを発生させ、これが口臭となって臭います。

2-3. 歯周病の原因になる

歯垢は歯周病の原因になります。歯垢は、歯茎に炎症を起こす元になります。歯垢の中に含まれる歯周病菌は、空気を嫌うので歯と歯茎の間は格好の棲家となり、どんどん深く進入し歯周病がすすみます。歯周病が進むと、歯の土台の骨を溶かし最終的には歯が抜けてしまいます。しかし、歯周病の恐ろしさは、歯が抜けることそれ以上に全身の病気を引き起こすこと にあります。現在、歯周病との関連が分かっている病気や症例は、糖尿病動脈硬化が引き起こす心筋梗塞脳梗塞誤嚥性肺炎早産低体重出産などがあります。

3. 歯垢のつき具合を知るには

歯垢とはなにか、そして歯垢が引き起こすトラブルについて知ったら、次に気になるのは自分にどのくらい歯垢がついているかではないでしょうか。

実は、歯垢のつき具合を見ることのできる方法があるのです。それはズバリ、”歯垢染色剤” を使った染め出し です。歯垢染色剤(別名:プラークテスター、プラークチェッカー)とは、その名の通り、歯垢を染色し、見やすくしてくれるものです。大きく分けて錠剤タイプ、液体タイプ、ジェルタイプがあります。

基本的な使い方としては、普段通りに歯磨きをした後に、歯垢染色剤を使います。歯磨き後に行うことで、自分の歯磨きのクセがわかり、普段磨けていないところが見えてきます。

錠剤タイプであれば、口の中で噛み砕き、だ液とともに歯に行き渡らせます。液体タイプ、ジェルタイプは綿棒や歯ブラシにつけて、歯に直接塗っていきます。しばらくすると、歯に残った歯垢が染め出されます。

初めての方には、ジェルタイプがおすすめです。 中でもおすすめは、こちらの「デントクラブ 歯垢染色ジェル」です。Amazonで買う事ができる他、東急ハンズやLOFTなどでも買うことができます。値段は324円(税込)です。

歯垢染色液 デントクラブ

歯垢染色ジェル 5g(324円、デントクラブ)

また、ジェルタイプの中に古い歯垢と新しい歯垢を色分けして染め出しをしてくれる染色剤もあります。こちらの「プラークチェックジェルBR」は、古い歯垢を青く、新しい歯垢をピンクに染め分けてくれます。青くなったところは、ずっと磨けていないということですね。こちらはAmazonで、329円(税込)で買うことができます。

プラークチェックジェルBR

プラークチェックジェルBR 5g(329円、GC) 

また、4-1でも詳しく解説しますが、歯医者さんで検診や歯磨き指導の一つとして染め出しを行ってくれる場合もあります。

4. 歯垢除去のケア方法

やわらかい歯垢は歯磨きでほぼ除去することができますが、正しい歯磨きをしても落とせるのは歯垢全体の60%まで。フロスや歯間ブラシを使うと90%以上まで歯垢除去率がアップします。そして、セルフケアでは落とせない歯垢を3ヶ月に一度の歯医者の歯のクリーニングで落とします。この3ステップを踏めば、歯垢除去のケアは万全です!詳しくみてみましょう。

4-1. 正しいブラッシング方法

歯垢は歯磨きで十分除去できますが、正しいブラッシングができなければ磨き残しができてしまい放って置いているのと一緒!意味がありません。磨き残しは染め出しでチェックできます。意外と磨き方に癖がある人が多く、「いつも同じ部分が磨けていない」など染め出しをしてみると分かることがあります。ぜひやってみてください。おすすめは、歯医者で定期検診の時などに、歯科衛生士さんに歯磨き指導をしてもらうとより効果的です。染め出しの結果を見ながら、歯科衛生士さんと一緒に正しいブラッシングと自分の注意点が分かります。また、自宅でも染め出しを行うことが可能です。

4-2. 歯間ブラシ・フロスを使ってケア

正しいブラッシングができることはもちろんですが、正しく行っても歯磨きでは60%の汚れしか落とせません。磨き残しはどうしてもあります。歯磨きに、歯間ブラシやフロスを合わせて行えば、歯垢の除去率が90%近くまでアップします。しかし、日本人では約10%の人しかフロスを使っていないといいます。なかなか最初は慣れないかもしれませんが、歯科先進国では常識!単価も安く手軽に始められるので、取り入れてみてはいかがでしょうか?

▼デンタルフロスの使い方については、「デンタルフロスとは魔法の糸!オススメの商品と正しい使い方」の記事をご覧ください。

4-3. 3ヶ月に1度は歯医者のクリーニングを受けよう!

歯垢はやわらかいので、セルフケアである程度まで対処することができますが、それでも3ヶ月に一度は歯医者のクリーニングに行くことをおすすめします。 フロスを徹底しても取りこぼしてしまう歯垢を、歯医者のクリーニングなら取り除くことができます。

5. おわりに

いかがでしたか。歯垢(=プラーク)についてお分かりいただけたでしょうか。しっかりケアして、虫歯や歯周病を予防しましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

痛みがない、仕上がりがキレイなクリーニングは、 ホワイトエッセンスにおまかせ!

歯の黄ばみ、ヤニ汚れ、ステインを痛みなく確実にキレイにしたい!というあなたに、 くちラボはホワイトエッセンスのクリーニングをオススメします。

ホワイトエッセンスのクリーニングには4つの特徴があります。

・定期的な研修や認定試験制度でセラピストの技術力が高いため、痛みのないクリーニング が受けられる

・仕上がりがキレイ!クリーニングを受けた人の8割がリピート (※自社調べ)

丁寧なヒアリング であなたにぴったりの施術を提案してくれる

40種類以上の豊富なメニュー で口元をトータル的に美しくできる

と、痛みなく確実にキレイにできるクリーニングが受けられます。 全国に150院以上あるので、ご自宅やお勤め先から通うことができます。 健康で清潔感のある、キレイな口元を手に入れましょう!


歯のクリーニングをする

定期購読はFacebookいいね!がおすすめ

コメントを残す

*