これで安心!PMTCの効果を最大限にする3つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
PMTC 効果

PMTC受けようかなあ…でも本当に効果があるか不安だし、どのくらい受ければいいかわからない!」そんな悩み、ありませんか?

PMTCは歯のクリーニングの中の一つであり、誰にでも効果的な施術です。ここではPMTCを受けることで得られる効果 から、効果を最大限にする ポイント まで解説します。

これを読めば、効果を実感しながら、かつ効果的なタイミングや頻度でPMTCが受けられるようになるはずです!

1. PMTCの効果

PMTCの3つの効果

PMTCとはProfessional Mechanical Tooth Cleaningの略です。これは直訳すると「プロによる機械的な歯の清掃」 という意味で、とても効果的な予防治療の一つです。PMTCの目的は、歯磨きやデンタルフロスを使っても落としきれない歯垢(プラーク)バイオフィルム(歯垢が成熟したもの)を落とすことです。注意して欲しいのは、PMTCは歯石除去を受けた後に受けることで最大限効果を発揮するということです。 歯石が気になる方は合わせて歯石除去も受けるといいでしょう。

ここではPMTC3つの効果 を詳しく解説します!

1-1. 歯周病を予防する

PMTC歯垢やバイオフィルムを除去 することができます。定期的PMTCを受け、歯垢やバイオフィルムのない状態を維持することで歯周病を予防する ことができます。というのも、歯周病の原因菌は歯垢やバイオフィルムの中に潜んでいるのです。

成人を対象に継続的なPMTCの効果を検証した研究によると、PMTCを定期的・継続的に行うことで歯周病原因菌の数を減らすことができ、予防に効果的だということも証明されました。(Mcnabbら(1992)、Dahlenら(1992)、Hellstromら(1996))

1-2. 虫歯を予防する

定期的PMTCを受けることにより虫歯を予防する ことができます。虫歯も歯周病と同じで、原因菌は歯垢やバイオフィルムに潜んでいます。歯垢やバイオフィルムを除去をすることにより、虫歯予防ができます。

4年間にわたって小学生~中学生を対象に行った研究では、定期的にPMTCを始めとする口腔衛生プログラムを受けた子どもは、一般的な口腔治療を受けた子どもに比べて口腔内の歯垢、虫歯原因菌の量が少ないことが明らかになっています。(AlexssonとLendheによる長期臨床試験;1974, 1977)

1-3. 歯を強くし、汚れをつきにくくする

実はPMTCの効果には、歯垢を除去による歯周病・虫歯予防のみならず、歯を強くし、汚れをつきにくくする ものもあります。歯の表面はでこぼこしており、そこに歯垢バイオフィルムが溜まります。PMTCの工程の最後にはフッ素を用いた磨き上げ があり、それにより歯の表面をツルツルに磨き上げることができます。更に、フッ素には歯を強くするはたらきもあるため、ツルツルで汚れがつきにくくなるだけでなく、歯自体も強くする事ができます。

2. PMTCを受ける際、効果を最大限にする3つのポイント

PMTCの3つのポイント

PMTCを受けることによる効果についてはおわかりいただけましたか?PMTCは定期的に受ける ことで、その効果を高めます。では、どんな頻度で受ければいいのでしょうか。または、受ける際にどんなことに注意すれば効果を最大限にすることができるのでしょうか。ここでは、PMTCを受ける際知っておくと、効果を最大限にする3つのポイント について解説します!

2-1. 受ける頻度は歯や歯茎の状態によって違う

PMTCの目的は歯垢やバイオフィルム除去でした。歯垢が成熟しバイオフィルムとなるには約3ヶ月かかるといわれています。なので、一般的にPMTCは3ヶ月に一度受けることが望ましい です。しかし、最適な頻度人それぞれ で1~2ヶ月に一度がベストな頻度という場合もあります。

■歯に汚れのつきにくい方

歯磨きが上手な方や、もともと歯に汚れがつきにくい方は3ヶ月に一度PMTCを受けることで十分 です。「え、そんなに受けなきゃだめなの?」と思う方もいるかもしれませんが、実はバイオフィルムは目に見えない汚れなので、知らず知らずのうちに汚れがたまっています。PMTCを定期的に行い、キレイな状態をさらに維持しましょう。

■歯周病のリスクの高い方、心臓病、糖尿病、生活習慣病の方

歯周病のリスクの高い方1~2ヶ月の頻度でPMTCを受けることが必要 です。また、心臓病、糖尿病、生活習慣病の方は汚れがたまりやすかったり、歯周病になった場合に生じるダメージが大きいため、こちらも1~2ヶ月の頻度でPMTCを受けると安心 です。

2-2. スケーリングとセットで受けるべき

PMTCが最大限効果を発揮するのは、歯石除去(スケーリング)をした後に受ける場合 です。スケーリング歯石除去とも呼ばれ、歯に付着した歯石(歯垢が固まったもの)をスケーラーという専用の器械を用いて取り除くことです。なぜスケーリングが重要なのかというと、歯垢は歯石の上にできやすいのですが、PMTCには歯石除去はふくまれない からです。歯石をまずキレイに落として、その上でPMTCを行うことで歯が最もキレイになります。歯石除去は保険でも受けることができる他、自由診療の中のクリーニングという名前で受けることもできます。クリーニング歯石除去、JETパウダー洗浄、PMTCの3つが含まれているメニューです。

2-3. 適切なセルフケアをすることで効果は長続きする

PMTCは歯についた歯垢を落としてくれます。ですが歯垢は歯磨きデンタルフロス歯間ブラシなどのセルフケア でも落とすことができます。正しい歯磨きを行い、出来る限りの歯垢はフロスなどを使って自分でケアすることで、口内の状況はある程度維持できます。その上で取り残してしまった部分を定期的PMTCでケアしてもらうと、口内が常にベストな状態を保つことができ、病気にもならず歯が抜ける心配もありません!

3. おわりに

PMTCの効果 、そして効果を最大限にするポイント についてお分かりいただけたでしょうか?PMTCは歯垢、バイオフィルムを除去することができ、予防歯科に非常に効果的な施術です。スケーリング(歯石除去)をした上で、PMTCを受けることで口内の健康はしっかりと保たれます。もちろん、日々の歯磨きもお忘れなく!

PMTC定期的 に受け続ければ、きれいで健康的な口内を保つことができるので、歯周病の心配もなく、おじいさん、おばあさんになっても自分の歯で食事をすることができますよ!

 

参考文献
本当のPMTC その意味と価値 著:Dr. Axelson、訳:西 真紀子(2009)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

定期購読はFacebookいいね!がおすすめ

コメントを残す

*